注文住宅購入時には業者を比較!【永住に最適なマイホームを実現】

Menu

関西の人気住宅地

一軒家

山手エリアと駅周辺地

宝塚市は兵庫県の南東部にあり、市内北部には六甲・長尾山系の山々が連なり、南部には武庫川を中心に平地が広がる自然豊かな都市です。交通の便の良い宝塚市は、大阪のベッドタウンとして住宅開発が進み、現在もそれは変わりません。宝塚市においては、賃貸よりも持ち家志向が高く、住宅総数のうちおよそ69%が持ち家となっています。また、マンションより一戸建てを希望する家庭が多く、持ち家の64%が一戸建てです。宝塚市の住宅地は主に2つに分かれます。1つは市内北部の山手エリア、もう1つは阪急・JR沿線の駅周辺エリアです。山手エリアは、山の斜面を開発した住宅地です。高低のある傾斜地に、ゆっくりと区画された住宅地で、一戸建ての大半が敷地面積150平方メートル以上となっています。このように山手エリアは区画が広く、また傾斜地とあって眺望が素晴らしいことから、一戸建て希望者に人気の住宅地です。また、エリア内に公園や学校、スーパー等も整備されており、住みやすさという面でも注目度が高い地域です。このエリアの一戸建ての価格は、新築の場合3000万〜4000万円台がボリュームゾーンと言われています。中古一戸建てでは3000万円以下のものもあり、ファミリー層に人気です。駅周辺部の平地エリアは、交通の便が良いことから、通勤通学を重視した家庭の需要が高い地域です。高低差がほとんどないエリアとあって、徒歩や自転車の移動が容易なところも好印象となっています。こちらのエリアは山手エリアとは違い、一戸建ての敷地面積が100平方メートルくらいがほとんどです。価格は、新築なら3000万〜4000万円台がボリュームゾーンで、中古の場合は3000万円以下の物件も見られます。