注文住宅購入時には業者を比較!【永住に最適なマイホームを実現】

Menu

狭小物件の魅力とは

部屋

通勤に便利な大阪市内で、低価格の新築一戸建てを買う場合には、狭小物件にターゲットを絞るのがポイントです。優良物件を見つけるためには、新着情報に注目するべきであり、自社開発を行う業者の工事現場を見学するのが理想的です。

詳しく見る

関西の人気住宅地

一軒家

宝塚市は大阪のベッドタウンとして発展してきました。住宅総数のうち持ち家がおよそ69%、その中でも一戸建てが64%と一戸建て志望が多い地域です。住宅エリアは山手と駅周辺の2つに分かれ、山手エリアは区画が広く眺望の良さが、駅周辺は高低差がなく通勤通学の便利なところが人気です。

詳しく見る

子育て向きの住まい

女性

住宅展示場や勉強会などで情報収集をしたり、資金計画について十分に考えることが、神奈川県内で注文住宅を建てる場合の基本です。子供の成長に合わせて家を建てる場合でも、長期的な視点で設計するべきであり、家具や設備にもこだわるのが理想的です。

詳しく見る

場所に合う住まいを

一軒家

茅ヶ崎は様々なライフスタイルを送る人がいて、自由度が高い注文住宅の人気は高いです。注文住宅にはガラス張りのガレージを付けることもできますし、防音機能が優れた音楽室を設置することも可能です。自由な発想を活かすことができる注目住宅の魅力は高いです。

詳しく見る

良い土地を選ぶことが重要

間取り

注文住宅を建てるとき、良い土地の条件はいくつかあります。環境では駅が近いことや学校、商業施設、病院なども行きやすくなっているかを調べることです。そして地盤状況も調査する必要があります。また湿地帯や環境汚染など、土地の過去を調べることで将来地盤沈下や健康被害を防ぐことができます。

詳しく見る

機能的な住まいとは

積み木

家づくりのテクニック

完成済みの分譲住宅とは違って、施主のニーズに合わせて自由に間取りなどをカスタマイズできるのが、注文住宅の一番の強みです。また限られた予算で独自設計の住まいを建てるためには、複数の施工業者に見積もりを依頼してから、最適なプランを選ぶことも重要です。したがって注文住宅の場合には、構想から完成までに1年以上の時間がかかることも多く、施主が主体的に行動するのが理想的です。最近では坪当たりの建築費用が40万円未満のローコスト住宅も増えており、総予算が1200万円程度でも、こだわりのある注文住宅を建てることが可能です。不要な装飾を削ってシンプルな設計にするのが、メリハリがあって、快適に暮らせるマイホームを実現するためのポイントです。住宅展示場を訪れるのが一般的な情報収集の方法ですが、家づくりの勉強会にも参加すると、注文住宅の魅力についての理解も深められるでしょう。結婚したときに住まいを建てる場合であっても、将来的な家族構成の変化も想定して、広い間取りのプランを構築するのが賢い方法です。家族団らんのスペースを確保したり、子供たちに独立した部屋を与える必要もあるために、4LDKの間取りを選ぶケースが多いです。建物の構造の強さにこだわったり、将来的なメンテナンスも視野に入れて設計するのが、オリジナルの住まいを建てる場合のポイントです。工務店のスタッフと相談したり、建築士からアドバイスを十分に受けると、永住に最適なマイホームが実現できるでしょう。